ストレス症状を乗り越えましょう|イライラが全ての元凶

原因が分からない病気この症状の原因はストレスかも

心と体の不調に気付く

2人の医者

ストレスは、溜まると体に症状が出ることが多いのでその都度発散していけるように自分のストレス解消法を知ることも大事です。また、病院を上手く活用して治療を受けることで心や体の病気を未然に防ぐことにもつながります。

もっと読む

心身を労わって強くなろう

女の人

ストレスはあって良いものですが、悪いストレスは溜まると心身に不調を訴える症状が現れるので適切に解消する必要があります。解消方法は人により異なりますが、心身にとって健康的でリラックスできる方法がオススメです。

もっと読む

環境が病気を呼び寄せる

看護師

適応力の限界を知る

あらゆる生物の中で、人間ほど高い適応力を持つ存在はないとも言えます。宇宙飛行士や登山家・一流アスリートといった人たちは過酷な環境に耐え、驚異的な業績を残してきました。もちろんそうした適応力には大きな個人差も認められます。厳しい環境でもうまく適応できる人がいる一方では、体や精神の弱さから新しい環境に適応できない人も少なくありません。人間に限らずあらゆる生物は、環境に対して適応しようとする本能を持っています。適応力の低い人は、そうでない人よりも多くのストレスを環境から受ける結果となります。ストレスが生体に及ぼすさまざまな影響は動物実験によっても知られており、人間の病気もそうした影響の産物と言えます。人間の適応力には限界があります。性格的にストレスを溜め込みやすい人はそうした限界を超え、無理をしてしまうことが多いものです。身体を環境に無理やり合わせようとすると、さまざまな面で歪みが生じます。心身のストレスが原因で生じる各種の症状は、その人の持つ適応力の限界を示す信号だと言えます。頭痛やめまい・吐き気・腹痛といった身体症状を通じて、体は環境にうまく適応できないことを訴えているのです。同様のSOS信号は心の側にも発生します。気分のイライラや焦燥感、原因のはっきりしない不安や意欲の低下といった心の症状の多くもストレスが原因です。よく眠れなかったり、暴飲暴食に走ったりする場合もあります。そうした心や体の不調も、環境に慣れると同時に普通は徐々に解消していくものです。症状が一時的でなく、何週間も続くようなら病気を疑った方がいいでしょう。幸い心療内科や精神科では、ストレスが原因と見られる心身の不調にも丁寧に対応してくれます。この段階ではまだはっきりとした病気ではありませんが、放置しておくと病気に発展する可能性があります。症状に応じた治療を受けることで、病気を予防することもできるのです。

適応できなくても大丈夫

心療内科や精神科でも、一般の内科と同じようにストレス症状を軽減させるための薬を処方しています。頭痛にはよく効く鎮痛薬や片頭痛の特効薬が、不眠治療には睡眠導入剤が欠かさせません。ストレス症状に悩む患者さんへの心療内科や精神科の基本的な治療方針は至ってシンプルです。それは「無理をしなくてもいい」という考え方に基いています。環境になじめないでいる患者さんには、適応できなくても大丈夫という意味のメッセージを伝えるのです。環境に対して無理に自分自身を合わせるのでなく、可能な限り環境の方を自分に合わせるような工夫を患者さんと一緒に考えます。明らかに仕事のストレスが原因で日常生活に支障が出るほどの症状が見られる場合、転職も視野に入れた治療が検討されます。転職にまで至らなくても、ちょっとした工夫でストレスを大きく軽減できた患者さんは大勢います。治療に当たる精神科医や臨床心理士は、言わばストレスコントロール術のエキスパートです。患者さん1人1人の性格に基いて、どのようにすれば環境と上手に折り合いをつけられるかを判断しています。自分1人の力では思いつかなかったようなアイデアも、科学的な根拠に基づいたアドバイスを得れば閃くことがあります。前述の通り環境への適応力は個人差も大きいものです。中にはストレスへの耐性が弱いために、長く通院治療を受けなければならない患者さんもいます。そうした症例を適応障害と呼んでいますが、地道に治療を続けていればつらい症状も徐々に改善していきます。心療内科や精神科は、環境にうまく適応できなかった人たちの味方について心のサポートをしています。人生が続く限り、ストレスとの戦いも果てることはありません。心や体がつらくなってきても、こうした精神医療の場がいつでも待っていてくれるなら心強いものです。治療を通じてストレスとの上手な付き合い方を身につけた患者さんは数多くいます。

長期に渡る体調不良の原因

看護師

仕事や学校、家庭でのストレスが溜まりに溜まって、心身に影響が出てしまうことがあります。症状が軽度であれば自身の心持次第で状態を改善していくことができますが、これが重度となれば話は別です。この場合専門医の診断、治療によってはじめて症状が改善されることになります。

もっと読む