ストレス症状を乗り越えましょう|イライラが全ての元凶

女性

心と体の不調に気付く

2人の医者

自分の発散方法を知る

現代では、仕事の拘束時間が長かったり何かと忙しく自分の時間が持てない人も多くストレスは切っても切り離せない環境となっています。ストレスを感じると、本来自分自身が一番先に気づき心に変化が出るものですが溜まると自分でも気づきにくく体に異変が出る場合が多いです。つまり、自分ではストレスを感じていないという人でも体に何かしら不調が起きているとストレスが溜まっている可能性はあるということです。代表的な主な症状としては、歯ぎしりや歯の食いしばり、決まって休みの日に起きる頭痛、慢性的な腹痛、不眠や悪夢、肌荒れなどです。症状の程度は人によっても様々なので、自分では気にならない症状もあれば深刻な症状もあります。ストレスによって体に何かしら症状が起きると、心身ともに疲れてしまうため早い段階で対処していく必要があります。ストレスの解消法は、どんなものが適しているのかはその人によっても違ってきます。買い物がストレス発散になる人もいれば、歌うことや音楽を聴くことが良いという人もいたり、自分の趣味に没頭するのがストレス発散に繋がるという人もいます。自分の興味のあることや、好きなこと、時間を忘れて夢中になれる物事を中心にどんどんストレスを解消していきましょう。特に、体を動かすスポーツなどは心身に良い影響を与えて健康にも美容にも良いと言えます。毎日少しずつでも簡単な運動でも良いので、体を動かす習慣を身につけて潜在的なストレスを発散していくことが大事になります。

病院も上手く活用する

症状が深刻な場合や、色々な発散方法を試してもストレスが減らないと感じるような場合は心療内科や精神科などの医療機関も活用すると良いと言えます。感受性がもともと強い人などは、ストレスを他の人よりも溜めやすく様々な症状が出やすい傾向にあるのです。もともとの性格的なものもありますが、自分でストレスに対処していくことが難しい場合は病院を上手く活用し、症状を改善させると良いでしょう。医療機関でストレスに対する治療は、薬物治療に関しては症状に合わせた対症療法が行われます。不眠の場合は睡眠導入剤を使ったり、頭痛の場合は鎮痛剤、腹痛の場合は整腸作用のある胃腸薬などが処方されます。その他にも食事の仕方や規則正しい生活の仕方など、生活指導を受けることも可能になります。食事の改善はカルシウムやマグネシウムなどのミネラル、ビタミンを積極的に摂ると良いと言われます。有酸素運動を取り入れ、瞑想など呼吸を整えることで自律神経の安定を図ることが出来ます。また、病院では積極的にカウンセリングも行われ周囲の人にはなかなか話せない悩みやストレスを打ち明けることが出来る環境も整っています。病院は、病気を発症してから受診して治療に励むことも大切ですが、病気が発症する前に予防として未然に防ぐようにすることも大切になります。辛い症状が続くような場合は、我慢せずに病院を早めに受診したほうが回復も早くなると言えます。重症化する前に受診をして、治療を受けるのも大事なことでしょう。